大人の塗り絵サロンで大人の塗り絵を楽しむ

“大人の塗り絵サロン”でこころを休めて大人の塗り絵を楽しむ
著者が紹介する『大人が楽しむ塗絵(西洋の名画)(ルドゥテの花)(綺麗な着物)(可憐な花)』シリーズ4冊

大人の塗り絵サロンTOP




本の紹介
 大人が楽しむ塗絵


塗り絵作品例
 ・西洋の名画
 ・ルドゥテの花
 ・綺麗な着物
 ・可憐な花

塗り絵講座 
 ・油性色鉛筆

 ・水彩色鉛筆
 ・水彩絵の具
 ・クレヨン

ギャラリー
 ・みんなの塗り絵ギャラリー

作者紹介 
 ・線画と解説

ブログ日記

掲載情報

サイトマップ

書籍・画材の紹介





『大人が楽しむ塗絵』の塗り絵を塗る、さまざまな画材とその塗り方を紹介します。
塗り絵の塗り方は自由ですが、画材の特徴やちょっとした描くポイントや流れを知っておくと、もっと塗り絵を楽しめます。

※下記の画材名をクリックするとそれぞれの塗り絵作品を紹介します。

一般的なチューブタイプのものと固形タイプとがあります。パレット上で絵の具を混ぜて塗りたい色を作り、水を含ませ色の濃淡を決めます。塗る面に合わせて筆を使い分けて、ぼかしや重ね塗りで透明感ある作品に仕上げることができます。



【特徴】
・透明水彩と不透明水彩があります。
・パレットに絵の具をおき、筆に水をつけて混ぜて色を作る。
(※透明水彩は異なる色を重ね塗りした際に下の色が透けて見え、不透明水彩は透ない絵の具)


【透明水彩絵の具の場合】
(色の濃淡)

・絵の具を少なくに水を多く含んで塗ると淡い色が描けます。
・絵の具を多く水を少な目に塗ったり、一度乾いた後重ね塗りすると濃い色が描けます。


(色を混ぜる)
パレット上で2色以上の絵の具を水を含ませながら混ぜて新しい色を作る。
または一度下塗りし乾いた面の上から異なる色を塗って透けた下の色を生かして新しい色を作る。






西洋の名画
「りんごとオレンジ」
セザンヌ
この塗り絵は、印象派の先駆者セザンヌが描いた傑作です。何気ない日常の中にあるものの本質を画面に再構成しました。
ここでは、『大人が楽しむ塗絵(西洋の名画)』で紹介した名画を参考に、絵の具で原画風の塗り方を紹介します。


   描き方のポイント (透明水彩絵の具の場合)



クリックすると拡大
(1)
リンゴとオレンジを塗る


画面中央の果物を中心に塗ります。暖色系も初めはオレンジ色を筆で塗り、乾いたら濃いオレンジ色を面を分割する様に塗り、次に赤色を塗り、と段階的に濃淡を淡い色から濃い色にあげて丸い形を整えていきます。


部分を拡大






クリックすると拡大
(2)
テーブルクロスを塗る


次にテーブルクロスや水差し、皿を塗ります。原画をよく見て、ひだやシワの濃淡を重ね塗りして徐々に濃さをあげます。色はやや黄色味ある淡い黄土色でクロス全体を塗ります。線画にはしわの区切り線があるのでそれに沿って塗ると、濃淡の形をとり易いでしょう。

部分を拡大






クリックすると拡大
(3)
テーブルの足元を塗る


テーブルの足元を塗り、画面を下から中央へ引き締めます。水差しの模様も塗って画面中央に色の統一感を図ります。またクロスのひだやしわ、皿の陰影を入れてメリハリをつけます。

部分を拡大







クリックすると拡大
(4)
バックの模様を塗る


バックは複雑な模様と色なので、同系色の模様を選んでどこに塗るかその場所と形をつかみます。手前のりんごやオレンジの色が弱わまらないように最初は暖色系の色を薄目に塗って、ボリュームを出し、徐々に色数を増やします。


部分を拡大







クリックすると拡大

(5)
同じを薄く塗る


画面の各所に深緑色を塗ることで、暖色系との間に色のバランスをつくり画面の色合いを落ち着いて安定した構図を作ります。原画をよく見て緑色の配置を決めましょう。

部分を拡大







クリックすると拡大
(6)
完成


バックもそれぞれ一通り塗れたら、再度りんごとオレンジの濃淡を上げ気味に色を重ね塗りし、中央を鮮やかに引き立たせます。それに合わせテーブルの足元の陰影なども濃く塗り画面全体にメリハリをつけます。また右側奥のバックも同様に色を濃く塗り、引き締まった構図に仕上げます。

部分を拡大




上記では原画風の塗り絵の塗り方の一例を紹介しました。
ちょっとアレンジして、自分の塗り絵作品を大胆にチャレンジしてみましょう!







 


大人の塗り絵サロンでこころを休めて大人の塗り絵を楽しむ
著者が紹介する『大人が楽しむ塗絵(西洋の名画)(ルドゥテの花)(綺麗な着物)(可憐な花)』シリーズ4冊

Copyright 2007 大人の塗り絵サロン All right reserved.