大人の塗り絵サロンで大人の塗り絵を楽しむ

“大人の塗り絵サロン”でこころを休めて大人の塗り絵を楽しむ
著者が紹介する『大人が楽しむ塗絵(西洋の名画)(ルドゥテの花)(綺麗な着物)(可憐な花)』シリーズ4冊

大人の塗り絵サロンTOP




本の紹介
 大人が楽しむ塗絵


塗り絵作品例
 ・西洋の名画
 ・ルドゥテの花
 ・綺麗な着物
 ・可憐な花

塗り絵講座 
 ・油性色鉛筆

 ・水彩色鉛筆
 ・水彩絵の具
 ・クレヨン

ギャラリー
 ・みんなの塗り絵ギャラリー

作者紹介 
 ・線画と解説

ブログ日記

掲載情報

サイトマップ

書籍・画材の紹介





『大人が楽しむ塗絵』の塗り絵を塗る、さまざまな画材とその塗り方を紹介します。
塗り絵の塗り方は自由ですが、画材の特徴やちょっとした描くポイントや流れを知っておくと、もっと塗り絵を楽しめます。

※下記の画材名をクリックするとそれぞれの塗り絵作品を紹介します。
一般的に身近な文具店などで手に入る使いやすい画材です。幼稚園や小学校低学年の授業で画用紙に絵を描く際などに使われる程、簡単に色が塗れます。色数が24色以上あれば、そのまま色を塗ったり重ね塗りしたりして、いきいきした大胆な塗り方で塗絵を楽しめます。


【特徴】
・顔料をロウで練り固めた棒状の画材。
・塗る前のクレヨンの色と画面に塗った色がほとんど変わらない。
・広い画面を力強く塗ると発色がよく鮮やか。
・色鉛筆のように細かい面は塗
りずらい。
(※クレパスなどのオイルパステルでも同様の塗り方が楽しめます)


(色の濃淡)
・筆圧を弱く薄く塗ったり、紙の白地を残して間隔あけながら塗ると淡い色が描けます。
・筆圧を強く塗ったり、ムラなく均一に塗ると濃い色が描けます。


(色を混ぜる)
色が混ざらない画材なので、それぞれの色を生かした塗り方をする。又は異なる色を、点や線の集合(ハッチング)で塗り組み合わせて、見かけ上の色の配色で新しい色を作る。





ルドゥテの花
「ひまわり」
ファン・ゴッホ

この塗り絵は、印象派のファン・ゴッホが情熱的に描いたひまわり作品です。力強い構図と強烈な黄色をふんだんに使って、数多くのひまわりが描かれました。
ここでは、『大人が楽しむ塗絵(西洋の名画)』で紹介した名画を参考に、クレヨンで原画風の塗り方を紹介します。


   描き方のポイント (油性色鉛筆の場合)

クリックすると拡大
(1)
花を塗る

中央の花を塗ります。同系色でまとめます。クレヨンなので画面に明るい茶色をのせるように色を置き、丸い形を描きます。
部分を拡大




クリックすると拡大

(2)
花を塗る 2


オレンジ色も各所に塗り、画面に明るい雰囲気を作ります。色は丁寧に塗りましょう。

部分を拡大




クリックすると拡大
(3)
花びらと壷を塗る


花びらは黄色で塗り、いきいきとしたひまわりの花にしていきます。クレヨンだと多少線から色がはみ出る事もありますが、あまり気にせずに勢いでどんどん塗ります。壷の上部も同じ色で塗りボリュームをつけます。
部分を拡大





クリックすると拡大

(4)
緑色を加える


茎やがく、花びらの一部に黄緑色や緑色を塗り、画面にメリハリをつけます。オレンジ色、黄色、緑色の基調色で、画面に安定した色の配置とバランスが出てきます。壷の下部は薄い黄色で塗りましょう。

部分を拡大







クリックすると拡大
(5)
濃淡をあげて塗る


さらに花を濃淡をあげて色を塗り、徐々に力強い塗りにします。塗り方も色を押しつけるようにして、一度塗った場所にも重ね塗りして油絵風に仕上げていきます。
部分を拡大





クリックすると拡大
(6)
床を塗る


床面を均一にオレンジ色を塗ります。画面いっぱいに同じ色を塗り、床の明るい面で上部の花のボリュームを支えるように動きある画面に安定感を作ります。
部分を拡大





クリックすると拡大
(7)
完成


バックにも均一な色で黄色を塗り、画面全体をいきいきした黄色でまとめます。花の色合いをさらに強烈に印象づけるように、床面とバックとの色の配色でひまわりを引き立てます。床とバックとの境界には青い線を塗り、動きの中にも効果的に安定感をつけます。
部分を拡大





上記では原画風の塗り絵の塗り方の一例を紹介しました。
ちょっとアレンジして、自分の塗り絵作品を大胆にチャレンジしてみましょう!







大人の塗り絵サロンでこころを休めて大人の塗り絵を楽しむ
著者が紹介する『大人が楽しむ塗絵(西洋の名画)(ルドゥテの花)(綺麗な着物)(可憐な花)』シリーズ4冊

Copyright 2007 大人の塗り絵サロン All right reserved.